バイオレントブロー 4着 (第8戦)

バイオレントブロー (バゴ×バイオレントハート/BMS:ダンスインザダーク)
募集価格:2000万 4/400口 栗東 佐々木厩舎



スポンサーリンク

5/26 佐々木厩舎 26日の京都競馬では五分のスタートから出たなりで好位を進む。3コーナーあたりでペースが上がったところでややポジションを下げ、そこから盛り返すも4着。「ゲート内ではソワソワしていたもののなんとか我慢していましたし、スタートが良かったので出たなりで前々で運びました。ただ、道中はやや力みがあって頭が高い走りのため、勝負どころでペース上がった時にスッと反応できないんです。今日はゲートをポンと出てくれたので前々で運びましたが、ポジションがどうこうよりも、道中はこの馬のリズムを崩さずリラックスして走れるところで運んだ方がペースアップに対応しやすいのかもしれません。せっかく声をかけていただいたのにいい結果を出すことができず申し訳ありませんでした」(北村友騎手)「うーん、いいポジションを取れていただけにちょっともったいないなという内容でしたね。結果的に瞬発力勝負になってしまいましたし、最後は苦しい展開でした。それでも差のない4着ですから力はありますし、ゲート内の駐立もだいぶ進歩が見られます。まだ3歳の春ですし、これから精神面の成長があれば力をフルに発揮できるはずですよ」(佐々木師)馬場入りなどでチャカチャカしているのはいつもどおりでしたが、ゲート内はそこまでうるさくはなく、スタートも五分に切ってくれました。力みがあってすんなりペースアップに対応はできませんでしたが、気持ちの面でも少しずつ進歩は見られますし、今後の成長に期待したいと思います。この後はトレセンに戻って馬体を確認してから検討します。~キャロット~

現地観戦してきました。口取りの権利も持っていましたが・・・

懸念通り、パドックからかなりの入れ込みで消耗していたのではないでしょうか。入れ込みさえなければ、勝ち負けと言う戦前からのコメントでしたが、今回はかなりのいれ込みでした。

きょうはちょっと難しいかなと思いましたが、それでも4着と力のあるところを見せてくれますから、気性さえ安定して来ればかなりの能力を秘めていそうです。

レースは3番手を追走していたのですが、勝負所で置かれてしまい、そのあと直線で盛り返しての4着なので、勝負所で動けていれば完全に勝ち負けになっていました。

あれだけ入れ込んでいても勝ち負けになるのですから、能力は高いのです。

騎手のコメントからは反応しなかったとのことですが、まぁ、反応させるのが騎手の仕事ですから完全に言い訳に聞こえてしまいますね。外国人騎手なら、たぶん動かせれたと思いますしね。

60勝位できるJKなので、下手糞なJKではないと思いますが、まだまだ上手いという感じでもないのでしょうか。今回の騎乗は残念な結果でした。

バイオレントブロー 4着 (第7戦) 復帰戦

4/29 佐々木厩舎 29日の京都競馬では五分のスタートからスッと好位につけて進む。促しつつ追走し、直線はジリジリと脚を伸ばしたが最後はやや鈍って4着。「イレ込みがキツく、レース前にだいぶ力を使ってしまっていますね。ただ、そんな中であれだけ走ることができているのですから力はありますし、馬場入りの時などもう少し落ち着きが出てきてくれればと思います」(ボウマン騎手)「レース前に危惧していたとおり、やはりパドックからかなりテンションが上がっていてゲート内もうるさくしていました。スタートはまずまずタイミングが合いましたし、ジョッキーがうまく前々につけて運んでくれましたが、最後辛抱しきれなかったのはレース前の消耗の分でしょう。それでも大きくは負けていませんし、久々を考えれば悪くない内容です。普段の調教では以前よりテンションは上がらないようになってきていますから、実戦経験を積んでいけばレースにも落ち着いて臨めるようになると思います」(佐々木師)久々の一戦ということもあり、なおさらテンションの高揚は心配されましたが、やはりかなり消耗してスタートを切る形になってしまいました。ただ、それでも直線半ばまではしぶとさを見せていたように能力自体はここでも上の存在です。~キャロットHP~

復帰戦は4着でした。

なかなか良いポジションで、突き抜けるかと思いましたが、最後はいっぱいになりました。

まずまずの復帰戦だったと思います。

これなら、次は期待できそうですね。

口どりのチャンスです。

頑張れ バイオレントブロー

 

 

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


スポンサーリンク