ウインフルスター 11着 (第3戦)

ウインフルスター (トーセンホマレボシ×BMS:サクラユタカオー)
募集価格:1600万 4/400口 栗東 宮本厩舎



スポンサーリンク
2018年12月16日(日)  競馬場速報
津村明秀騎手 返し馬から全然スピードに乗っていきませんでしたし、レースでも同じような走りで流れについて行くのがやっとという感じでした。芝、ダートという条件の問題ではなく、とにかく根本的にスピード不足といった印象です。走りに対しての前向きさもないですし、かなり厳しいですね。

宮本調教師 今週の追い切りではこの馬としては今までになくしっかりと動けていましたし、久々を使った上積みがあったと思います。ダートでスピード不足を補えればと思ったのですが、タイムオーバーとなってしまいました。お力になることができず申し訳ありませんでした。

片山駿の目 今週になり、陣営からようやく前向きなコメントが出てきたように、状態は上がっていたと思います。しかし、ダートに条件を替えた今回も見せ場はなく、タイムオーバーとなってしまいました。今日の走りを見る限り、ダート適性も高くはないのでしょうが、芝の2戦もまったく見せ場がありませんでしたし、能力的にかなり厳しい印象です。出資会員の皆様には大変申し訳ありませんが、週明けにも登録抹消の方向で協議を進めさせていただきます。~ウインHP~

やはり・・・

ダート適性には不安しかなかったのですが、芝のレースよりひどい内容で「終了」でした。

しかし、3戦引退はBRFらいし考え方なのですが、完全にベストを尽くしたかと言うと不満の方が大きいですね。

まずは、デビュー戦も仕上げ途上であったもののツアーの日と言うこともあって、まだまだ仕上がっていない中でのデビューでした。

まぁ、その中ではそれなりに頑張ってくれたのですが、やはり反動が出て2戦目までに時間がかかりました。

そして、半年ぶりのレースではコスモヴューファームでちゃんと仕上げたの? と言う出来の中、BRFが誇る、かの有名なJKが騎乗してくださって・・・意味不明のダート進言!?

しばらく騎乗してなかったので、個人的な嫌気ぶりも収まっていたのですが、やっぱり下手なうえに、要らんダート進言とは・・・

予想通り、前走より調教では動きが良くなっていたにもかかわらずダート適性の無さが露呈してしまいタイムオーバーまでなってしまいましたよ。

おそらく、芝のレースであればわずかかもしれませんが前進は可能という感じでしたし、まったく意味不明のダートレースで終了とは・・・。

もともとは、CVでも評判の良かった馬なので、ここまで酷いことにはならないはずなのですが、ちょっと消化不良すぎる展開となってしまいました。

もう一戦、芝で仕上げての引退なら納得なのですが、やはり納得感のない終わり方ですね。

これだと、地方でも厳しそうだな

無念だ ウインフルスター

 

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


スポンサーリンク