キャロットクラブ追加募集馬を検討

キャロットで追加募集が来ました。



スポンサーリンク

牝馬が5頭ですね。

自分の中では、この世代はすでに4頭に出資しているので残念なことに追加する余裕が無いです。追加募集があるのがわかっていたら、ウインで2頭に出資しなかったのにと後悔です。

なぜなら、パッと見ではパンフの馬体を見ると、5頭とも悪い馬ではないように見えるからです。商売上手なノーザンFとキャロットですから、追加のアウトレットセールとも言える企画です、今後もこの時期にアウトレットセールをするのであれば、1回目の今回は全馬勝ち上がりで今後のアウトレットセールでも安心というイメージを植え付けてくるかもしれません。

ただ常識的には、早い時期にトラブルのあった馬はペースを上げてからもトラブルが続く傾向があるので、心配なところではあります。

普通なら牝馬ということもあるので、5頭中2頭が勝ち上がって、1頭がOPクラスで活躍といったところが妥当な線かもしれません。3頭勝ち上がれば成功でしょうね。馬体を見た感じでは全馬勝ち上がりのチャンスがありそうですが、後は体質次第と言った感じになりそうですね。

ただ、今後もこう言った感じの追加募集はある可能性が高いので、この5頭に関してはデビュー後も注目していく必要があると思っていますので、念のためにじっくり検討はしたいと思います。

ボージェストの19

ボージェストの19 (エピファネイア×/BMS:キングカメハメハ)
募集価格:4000万 400口 美浦 手塚厩舎 体高:163.0cm 胸囲:185.5cm 管囲:19.0cm 馬体重:467kg

2020年5月 両トモ大腿骨内側顆ボーンシスト手術 今を時めくエピファネイア産駒で主力厩舎の手塚先生ですね。馬体もバランスも良いですし、はしる牝馬のトモに見えます。 サイズも悪くないですし、人気になるでしょうね。一つ上のボーデンはスプリングS(G2)を3着と重賞級の活躍を見せています。本馬も同様に重賞級になってアワブラ入りする可能性までありそうです。問題はボーンシストの影響がどう出るかということだけだと思います。ボーンシストはOCDよりも厄介な疾患と言われており、ボーンシストによって募集取り消しとなっている過去の馬も結構いるくらいです。本馬の場合は、手術後に乗り込みも進んでいることから、デビューへの目途が立っている状況のようですので、デビュー出来ないということは無いとは思います。問題は、その後ですね。募集価格が4000万と高額なので、1勝、2勝では大赤字は確実です。夢のある血統・馬体だと思いますがリスクは小さくなさそうですね。

ノーブルプラネット

ジュビリーヘッド 

ラフィエスタの19

ライフェスタの19 (ドレフォン×/BMS:スペシャルウィーク)
募集価格:2000万 400口 美浦 奥村武厩舎 体高:167.0cm 胸囲:184.0cm 管囲:20.3cm  馬体重:497kg

兄弟は走っていないのでこの価格ですが、ウインドインハーヘアの血統なのでいきなり大物が誕生しても驚かない血統馬になります。この馬はアドマイヤで有名な故近藤利一氏が競り落としていた馬をキャンセルした馬のようです。残された馬は基本的には奥様が引き継がれていますね。カンパニーなどで有名な方とは別の方になっていました。気になるのは、頭数を減らしているようですが、19年産すべてをキャンセルしているわけではない点ですね。走りそうな馬は残している可能性が高く、本馬はそこまで期待されているわけではないためキャンセルされたと見るのが普通ではないでしょうか。そうなると重賞でバリバリというよりは条件馬としてコツコツ活躍を期待する方が良いかもしれません。実際の馬に関しては、手術歴も無さそうですし、馬体・馬格と素晴らしいですからコスパという点では良いのかなと思います。気になる点としては、大型の牝馬は仕上がらない可能性があるということですね。見栄えが抜群で能力があっても牝馬の場合はその恵まれた馬体を動かすエンジンが備わっていない場合があるということです。以前の自分であればこのタイプのスケールの大きそうな牝馬に飛びついていた時期もありましたが、大型の牝馬はレースになると走らない場合が多いため、最近は避けるようにしています。また、牝馬の場合はダートでは活躍する場が限られてしまうこともあります。とは言っても5頭の中ではトラブルが今までないというメリットもあります。しっかり仕上げて、体質に問題が無ければ勝ち上がりに関してはかなり固いと見ています。正直なところは好きなタイプです。ただ、自分の出資したこのタイプは新馬戦快勝からその後苦戦ということが多かったので、最近は個人的には大型牝馬は出来るだけ避けるようにしています。大型でも引き締まっている馬体の本馬は大丈夫のような気もします。

マリアライトの19

マリアライトの19 (ロードカナロア×/BMS:ディープインパクト)
募集価格:5000万 400口 美浦 久保田厩舎 体高:159.5cm 胸囲:174.0cm 管囲:19.0cm 馬体重:400kg

2020年3月 右大腿骨内側顆ボーンシスト手術 マリアライト産駒なので1次で募集されても良いはずでしたが、ボーンシストのため募集されなかったようです。1月生まれにもかかわらず現在400Kと小さいです。これだとデビューは400Kを切ってくる可能性すらありそうです。血統はピカ一ですが、380Kで戦うのはかなり厳しい戦いになると思います。しかもパワー自慢のロードカナロア産駒というのも気になる点です。しかし、5000万ですから、この血統とは言え牝馬なのでほぼ定価販売ですね。これほどハイリスクな馬でも定価販売とキャロットは商魂逞しいですね。おそらく、サクッと売り切れるのでしょうから値下げする必要もないのかもしれません。小さいですがバランスは悪くないです。小さくてもバランスの良い馬は過去にも沢山見てきたのですが、実は意外に良く走っています。このサイズでは無理だろうなと思っていても勝ち上がることが多いので、本馬も順調にデビュー出来ればサクッと勝ち上がるような気がします。ただ、5000万の走りが出来るかどうかはサイズの問題で苦しいかもしれません。デビューは年末位を予定しているみたいなので、これから成長して少しでも大きくなれるかどうかがカギになってくるでしようね。

ちなみに、同時期のマリアライトの立ち姿ですが、よく似ていますね。4月時点では430キロでした。デビューは420キロで宝塚記念を勝った時は438キロに成長していました。

アブソルートリーの19

アブソルートリーの19 (ミッキーアイル×/BMS:Redoute’s Choice)
募集価格:1800万 400口 栗東 音無厩舎

2020年6月 左橈側手根骨近位部骨片摘出術 腕節部の骨折ですね、手術歴が無ければ予算が無いけど、どうせ抽選だし申し込みしようかなと思った馬でした。1800万で音無厩舎というだけでメリットが大きいと感じました。ミッキーアイル産駒なので価格は控えめですが、すでにミッキーアイル産駒はある程度走ることが判明していますし、おいしいかなと思っていました。バランスも良いですし、トモの形も容量も走る牝馬のそれです。コストパフォーマンスにも優れていますし、1勝してくれれば回収も見えてきます。本馬はセレクトセール直前に欠場になっているので、この怪我が原因なのでしょう。しかし、骨片摘出なので骨折の程度としては軽傷の部類に入ります。手術の影響は全くない馬は全くないことが多いです。ただ、調教前に骨折するくらいなので、今後も骨折する可能性は他の馬より大きいと思います。そうなると、無理してまで出資しなくても良いかなという結論に至りました。お兄さんはダイワメジャー産駒でしたが4400万で池江厩舎で募集されるくらい期待されている馬でした。左前脚の遠位種子骨を骨折したことでファンド解散となっています。血統的に骨の弱い所があるのかもしれません。牝馬ではありますが、お兄さんの価格からするとリーズナブルではあります。

マニーズオンシャーロットの19

マニーズオンシャーロットの19 (Arrogate×/BMS:Redoute’s Choice)
募集価格:2400万 400口 栗東 茶木厩舎 体高:164.0cm  胸囲:178.0cm 管囲:19.5cm 馬体重:450kg

新規開業の茶木厩舎に所属予定ですね。ノーザンFの馬が多数所属しているので、今後も注目していきたいと思います。アローゲート産駒で将来の繁殖用に考えている牝馬だと思います。もちろん、ある程度活躍しないことにはアワブラにはならないと思いますが、間違いなく繁殖に上がる馬でしょうね。この馬もトモの下のほうまで筋肉がついていて、良いトモをしていると思います。血統的にはダートなのかもしれませんが、これから筋肉がついてくるのでしょうかね。一番人気にはならなさそうですが、手術歴のない馬なのでリスクは少なさそうですね。全然注目していませんでしたが、記事を書いているうちに、これが一番走るんじゃないか? とふと思ってきました。牝馬にしてはそれなりの価格ですし、母はアメリカでG3を勝っていますね。新人の厩舎なので大事に扱ってくれることは確実です。これは非常に大きいと思います。

こんな感じで、追加募集の馬を検討してみました。高額な2頭は夢がありますが、2頭ともボーンシストです。リーズナブルな3頭はリスクは低そうなので、全馬勝ち上がる確率はゼロでは無いと見ています。

申し込みはしないと思いますが、出資するとしたら

①マニーズオンシャーロットの19 ②ライフェスタの19 ③アブソルートリーの19 の順番かなと思います。残りの2頭もボーンシストの影響が少なければOP級かなと思います。

にほんブログ村 競馬ブログ 馬主・一口馬主へ


スポンサーリンク